Translate this Page

6月 282012
 
fastcameraアイコン

fastcameraアイコン

非常の面白いアプローチのカメラです。

立ち上げたとたんにシャッターが切られはじめ、STOPボタンを押すまで撮影されます。撮影した画像はLibraryに登録され、開くとアニメーションフィルムの様に表示されチェックして保存画像を選択します。
動きのある物を撮影したいと思った時にシャッターチャンス を逃してしまう事がありますが、高速で撮影されるので後でゆっくりプレビューしながら気に入った画像を選択できるのでとても良いと思います。

撮影中画面

撮影中画面

選択中画面

選択中画面

無料だったのですが、現在は有料になってしまったようです。 170円


6月 122012
 

ようやくアップロードが終わりました。

色々と引っかかって、時間がかかったのですが、それでも何となく全体の流れが分かった程度で記憶は薄ぼんやりとしています。困ったモンです。

アップロード待ち

アップロード待ち

iTune connect でのapp申請は上手く完了し、ファイルのアップロード待ち状態なのですが最後に引っかかってしまったのがこれです。XcodeのArchiveからValidateしても下記のメッセージで完了出来ません。

The Bundle ID * defined in your Xcode project does not match the Bundle ID that you entered for this app in iTunes Connect *.

要するにAppleに登録申請したBundle IDとappのBundle IDが違うと言われているようなのですが、何処をどうして良いのやら。

Bundle ID defined

Bundle ID defined

このとろけそうになった脳が理解不能の領域に突入して、半日!!。
ようやく探り当てたのがXcodeのこの部分でした。

こんな部分を修正しなければならないなんて、ビジュアル脳では思いつきません。
これを申請した”Bundle IDのみ”に変更記載して 「Validate」をクリック!
おおお〜〜〜〜〜(^o^)y

Finish

Finish

はじめに「No」と書かれているので一瞬ギョッとしたのですが、よく読むと問題になる所は見つからないと言うメッセージ。ついにやりました!! そして最後に「Distribute」をクリック!!

無事にファイルはアップロードされ公開待ちとなりましたぁぁ〜〜〜〜〜感動!!

Finish

Finish

なんと、長い道のりだった事。

アプリは画像が中心なのでどうしてもファイルサイズが大きくなりOver the Airによるダウンロード制限を少し超えてしまっているのですが、iPhoneデバイスは今回のアプリでは無視しているので大丈夫だと勝手に判断。次回作品はファイルサイズを小さくする工夫をしてiPhoneでも見られる物を作りたいと考えています。

今日はギターの練習でもして、すこしPCの前から離れたいと思います。
さて、公開は何時になるんだろう。ああ、不備があって突っ返されるかも知れないし、、、、。(>_<)
そうならない事を祈りつつぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。


6月 122012
 

エラー再び!!

いろいろなところを直して、最後にbuildを通そうとすると以下のような警告が出る様になってしまいました。

WARNING: The Copy Bundle Resources build phase contains this target’s Info.plist file

サイトを検索すると、….-info.plistが一度削除されて、追加された時に発生するそうです。
対処法は 「Project Navigator」で…-info.plistを選択>右上のViewで右のUtiltyを表示する>「Target Membership」でチェックを外す。

この意味が分からなかったので再び探す時間がかかってしまいました。実はここ。
図はチェックを外した状態です。


6月 092012
 

紆余曲折しましたが、実機でシミュレーション出来ました!!

契約成立はした物のAppleのサイトに行ってどうしたらいいのかかなり分かりづらく、サイト検索して見たのですが、ほとんどのサイトが古い情報ばかり。手順はDeveloper Centerに入りloginして右側のiOS Developer Program からiOS Provision Portal に入り、真ん中にLaunch Assistantにアクセスして、後は指示通りに流れるので実機を登録しますが。

その前に自分のマシンからKeychain Accessを立ち上げて、なんたらかんたら。もう忘れた(^_^;)
で、CertificateSigningRequest.certSigningRequestと言うファイルを書き出し、Appleにアップロード。
こんなサイトとかこぉんなサイトとかを参照しました。

すると、 こんなのをダウンロード出来るので、そのファイルをXcodeを立ち上げた状態でダブルクリックすると接続されているiPadが認識&登録され使える様になります。って、間違っているかも。細かい事は検索すると出てくるので良いのですが、AppleのサイトがDevに対して分かり難くできていると感じてしまいました。他は良いんですけれどね。

てな訳で無事にプログラムをiPadに送る事が出来ました。ついでにiPhoneも登録。次回はiPhone用のアプリも作るのだ!!

いやぁ、実機で見るとなんか良い感じ(^o^)
やはり、シミュレーションでは分からなかった部分がよく分かります。色々とナビゲーションの不具合が見つかったので 修正。
来週には登録出来そう、だ、す!

 


5月 232012
 

TOLOTを利用してみました。このサービスは専用アプリを使って写真をレイアウトし文庫本のサイズの冊子にしてくれるというお手軽なサービスです。
一冊から送料込み500円で作れるという手軽さ、印刷も結構しっかりしています。
※通常のオフセットは一緒にしないでね。

ページ数は36ページの冊子、本文はマットコート紙で結構良い質感です。暗い部分は少し潰れ気味になりますのでほんの少しPhotoshopのトーンカーブで調整しておくと良いかもしれません。表紙デザインは固定で64種類から選ぶ事が出来ます。気に入らなければ自分でカバーを作ってかけてしまえば良いです。私はそうしました。

レイアウトもアプリにお任せで出来てしまいます。PCアプリはもちろんですがiPhoneやアンドロイドのアプリからも印刷発注が出来ます。私は面倒なのでinDesignでレイアウトしてしまい全ページをJpeg書き出しして、アプリに全て全画面で貼り付けました。

制作の注意点はトンボを考える事と、中綴じ部分に結構食われてしまうので”広めにとる”と言う事です。3mmでは少し食い込み気味でしたので、中綴じ部は5mmは最低とっておくようにしましょう。
試して見たい方は、お友達紹介キャンペーンがあるので私に紹介させて下さいね。そうすれば250円で作品集一冊が作れますよ。


4月 202012
 
Runkeeper.app
仲町台駅周辺

仲町台駅周辺

 

寒い冬を抜け、花粉症も治まりつつあります今日この頃。凍り付いたかのような重い腰をようやく持ち上げて「朝のお散歩」を開始しました。

今日で三日目の公園を抜ける遊歩道は、白鷺が舞い鴨や鳩が戯れ、先週末には満開だった桜の花も散り、初夏の花であるハナミズキが蕾から開きはじめると言う、時間の流れを感じさせてくれます。駅に向かうポプラ並木も清んだ緑色の空に覆われています。 折角はじめた散歩ですが、明日明後日は早朝に異動があるためにお休みです。また、月曜日から忘れずに続けたいと思っています。

 


Runkeeper 記録

Runkeeper 記録

お散歩の記録はiPhoneアプリRunKeeperで記録します。ウォーキングしたい方は是非RunKeeper仲間になって下さい。データは記録はネット上に記録され、facebookにもtwitterにも投稿可能です。またrunkeeper.comサイトで何時でも確認出来ます。 ダイエットしたい方は消費カロリーの計算までしてくれるので良いかと思います。もちろん、名前の通りランニングの形にも最適ですよ。