Translate this Page

9月 202012
 
LOUIS ARMSTRONG

今年もやります「iPhoneケース展」
なんと、今年は早々iPhone5用のケースが登場。ペイント系の方には喜ばれるキャンバスも広がり、世界観を強く表すことが出来ます。

まだまだ、参加者を募集していますのでご応募下さい。

また、今回はiPhoneで撮影した写真展も同時開催されます。中には某カメラマンの姿もちらほらとか!!
この際だから両方に参加して、みんなで楽しみましょう!!!

アナログペイント系の方のために制作方法
http://hal-i.com/eldorado/iphone/pg194.html

昨年度の作品

LOUIS ARMSTRONG

LOUIS ARMSTRONG

 


9月 132012
 
香夏

中国系日本人「香夏」さんは、少し古くなったお気に入りの水玉トートバッグと、お出かけ用の黒い合皮バッグをもって横浜市営地下鉄に乗りあざみ野に向かいます。

彼女の目線の先には携帯電話でメイルをお打ちながら話している女子高生達。

夏の昼下がり、後ろからは眩しい光が老婆のだいぶ白くなった髪を後ろから照らし、冷房の効いた車内に拡散していきます。

その光が女子高生達の会話と混ざり合い、空間にライチを産みだし溶けていきます。

香夏

香夏


9月 092012
 
香夏

おばあさんの名前が決まりました。香る夏と書いて「こうか」です。
それをイメージさせるためには、全体の光をもう少し少し夏らしくしなければいけません。描画は五合目にさしかかるところですね。

彼女は若い頃は貧しい 生活をしていました。商いをしているご主人の裏方として、毎日を忙しく自分の身のまわりのことも顧みずに働いていました。今は子供や孫に恵まれて少しはまともな生活をしています。この年になってようやく自由に使えるわずかなお小遣いは、働き続けてきたおかげです。そんな小遣いのほとんどは孫のために使い、後は貯金に回しています。

でもたまには安い化粧品や着る物を買うためにデパートに出かけることもあります。目一杯の化粧をして。

香夏

香夏


9月 072012
 
地下鉄に乗った老婆

まだ、のっていない色はあるが取りあえず色彩計画は終了した。
この人物の名前は決めていないが、小学校に行っている孫が三人いる。ひとりは三年生の男の子で引っ込み思案、毎日のように顔を合わせているのに、おばあちゃんの顔を見ると母親のスカートを握りしめ後ろに隠れてしまう。少し時間がたてばなついては来るのだが、言葉数が少ない。

地下鉄に乗った老婆

地下鉄に乗った老婆


9月 062012
 
地下鉄の老婆

ひさしぶりに想像力を掻き立ててくれたのは地下鉄の向かい側に座った老婆だった。
中国系なのかちょっとふて腐れたような表情、眉の位置が極端にずれ、赤い口紅を塗り半分以上とかかかった 唇。大きな荷物を持ち、腹の出た身体が大股を開いている姿は私にとっては素敵な人間だった。時間はかかるが、少し大きめに描いてみようと思う。今日はアウトラインを中心に描画してみた。

地下鉄の老婆

地下鉄の老婆