Translate this Page

12月 242012
 
大阪版表紙001

楽しいはずのクリスマスでも、世界中で悲しい事実が残っている。

それ、一部の考え方の違う政治に踊らされている人間達によって。

悲劇に遭うのは常に政治とは無縁のひとびと。

もう、いいよ。

止めようよ。


3月 072012
 
faces27

faces27

faces27

ようやく仕上げにかかりました。今日中におわり、スタジオの壁に掛けておいて期日までのあいだ気になったらてを入れていきます。全体像を生でご覧になりたい方は是非会場に足を運んで下さい。よろしくお願いいたします。
また、遠方にて来場出来ない方のためにはネット上で展示風景をお伝え出来たらと考えています。

東北チャリティー展「いっしょに、歩こう。」


3月 022012
 

THRIVE 日本語版

今、野田総理が原子力発電所の再稼働を急いでいます、これは何故なのでしょう。
性急さは間違いを起こした場合、その被害は極端に大きくなるでしょう。これは原子力発電所の存続の話とは別の次元で考える必要があると思います。こちらのサイトを見て下さい、共感した人はアクションを起こし、大きな流れを作る風の一部となってみてはいかがですか。http://bit.ly/AgRO2G

さて本題のTHRIVEです。
●この映像はエネルギーの話から始まり現代社会の世界支配しようとする強大な力、そして人類の役割までをひとつの視点で描いています。その視点とは私達の心の中に息づく、自然なパワーの増幅です。

全10部に分かれていますが中のTHRIVE日本語版5/10だけがありません。これだけが著作権侵害として削除されています。これは意図的なのでしょうか? それとも、時間と共に全てが削除されていくのでしょうか。ニコニコ動画では全てが消されていますね、急いだ方が良いかもしれません。すでに無くなっていればレンタルDVDを借りてきましょう。現在、上記のYouTubeページからサムネイルをクリックしていく事で5/10意外は全て見る事が出来ます。

すでにほとんどが削除されていますね。やはり著作権の侵害による物でした。地球をそして人類をどのように守っていくのかをお考えの方は是非DVDでご覧下さい。

さて、この映像を見て何を感じるでしょう。この話は、幾ばくかの人間が見た途方もない夢と妄想なのでしょうか。それは、全てをご覧になったあなたが見つける物だと思います。

9/10後半からは私達に何が出来るかを話しています。
是非最後まで”急いで”ご覧になって下さい。


2月 232012
 

宇宙エレベーターはSFの世界では無くなった。

NASAでも構想が練られているという話を聞いた事がありますが、スカイツリーを作った大林組が宇宙エレベーターを2050年までに実現させると発表しました。

1991年に日本で発見されたカーボンナノチューブ製のケーブルを高度96000kmまで伸ばし高度36000km上空に正式同ステーションを建設して、50人が滞在出来るようにするらしいです。

これが実現すれば省エネルギー省コストが可能なのです。現在は宇宙に飛び立つためのロケットのほとんどが燃料でできていて、打ち上げるたびに大量の廃棄物が地球を汚しています。宇宙エレベーターはモーターを使って上下しますから、打ち上げのための燃料だけを見ても効率的です。

人間の脳は実現可能な物しか想像出来ないと考えています。理論が完成すればタイムトラベルも可能になる時代が訪れるのでしょう。この宇宙エレベーターが完成するまで、私が生きていられるかどうかはわかりませんが、その時はどのような世界になっているのかを見てみたいものですね。

大林組プレスリリース

宇宙エレベーター協会 

静止軌道ステーション

静止軌道ステーション